• ホーム
  • 院長・スタッフ紹介
  • クリニック案内
  • 院内ツアー
  • 当院までのアクセス
ホーム > 院長・スタッフ紹介

院長・スタッフ紹介

院長・スタッフ紹介

院長紹介

院長 中村陽行(なかむら・はるゆき)

院長 中村陽行(なかむら・はるゆき)

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医 医学博士
  • 週産期新生児医学会 新生児蘇生法インストラクター

昨今の医療現場は医師不足や緊急搬送先が見つからない、病床数が限られているなどの理由から患者さんが治療を受けられないといった課題を抱えています。
また高齢出産や不妊症、子宮がんや子宮筋腫などの婦人科疾患に悩む患者さんも増加傾向にあります。

小川町周辺のお母さんと赤ちゃんの健康と未来を守りたい、一人でも多くの患者さんの笑顔を見たい。私は地域医療の担い手として、先代が昭和21(1946)年に開業した当院を守り続けてきました。
おかげさまでたくさんの出会いに恵まれ、「おばあちゃん、お母さん、お孫さんもみんな中村で」という三世代、四世代に渡る患者さんが多くいらっしゃいます。

私は地域医療だからこそ、ソフトとハード両面の充実が必要だと考えています。
常に患者さんの立場に立って治療に専念できる技術を持った医師と、最先端の設備を整えた病院。この両方が揃ってこそ初めて、患者さんを幸せにできる医療をご提供できるのではないでしょうか。

赤ちゃんの笑顔は何度見ても心が癒されます。その元気な赤ちゃんは元気なお母さんから生まれてきます。
地域の女性が元気になれば、地域そのものも活性化していくのです。

医療を通して笑顔の絶えない地域づくりを――。スタッフ一同、一生懸命お手伝いさせていただきます。



副院長紹介

副院長 中村晃和(なかむら・あきかず)

副院長 中村晃和(なかむら・あきかず)

  • 産婦人科専門医 母体保護法指定医 医学博士
  • 週産期新生児医学会 新生児蘇生法インストラクター
  • 日本大学医学部付属板橋病院 総合周産期母子医療センター 産科・婦人科

よくお産は航海に例えられます。
船であるお母さんに赤ちゃんが乗っている。私たちは燈台守のような立場で、船が港に着く(お産)までしっかりと見守ることが仕事です。
安全な航海を終えた時に良かったと安心する気持ち、赤ちゃんの顔を見て嬉しくなる気持ちは、何度経験しても変わりません。

産科も婦人科も早期発見・早期治療で、大事に至らずに済むことが多く、医師の適切な判断があれば防げることはたくさんあります。
そのために院長が培ってきた他病院との連携、大学病院で働く外部医師の協力のもと、水準の高い医療をご提供するための努力し続けることが私の責務だと考えています。

「病院に行くと痛い思いをする」「生活習慣のことなどうるさく言われる」と病院に対して嫌なイメージを抱く患者さんも少なくありません。
体に不調がある時に行くのが病院ですから、むしろ通院する理由もないほど元気なのが一番ですが、それでも「明るい気持ちになれるから中村に行きたい」と思われるような、気さくな産婦人科を目指していきたいと思っています。



スタッフ

当院では外部の優秀な医師を迎え、さまざまな症状を的確に判断し、診療に当たれるよう体制を整えています。

医師 宮川康司(みやがわ・こうじ)
  • 産婦人科専門医 医学博士
  • 日本大学医学部付属板橋病院総合周産期母子医療センター 産科・婦人科特任科長
医師 東裕福(あずま・ひろみつ)
  • 産婦人科専門医 日本産科婦人科学会専門医 医学博士
  • 日本大学医学部付属板橋病院 総合周産期母子医療センター 産科・婦人科
婦長・助産師 太田悦子(おおた・えつこ)
婦長・助産師 太田悦子(おおた・えつこ)
中村産婦人科0493-72-0373